無利息サービスの条件の違いについて

初めてキャッシングをする時に無利息サービスが適用されるのでサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。しかし業者によって無利息サービスの条件が異なるので注意が必要です。そこで無利息サービスの条件の違いについて見ていく事にしましょう。

無利息サービスはアコム、プロミス、レイクなどが提供しています。アコムとプロミスは無利息期間が30日間になっていますが、適用開始になる時期が異なります。アコムは契約日の翌日からの適用となりますが、プロミスは初めて借り入れをした日の翌日からの適用となります。またレイクは30日間無利息と180日間5万円分無利息の2つにプランがあります。このように業者によって無利息サービスの条件が違うので注意しましょう。

金利が低いからお得というのはメリットではない!

銀行や消費者金融のカードローンは、商品紹介やサイトにおいて利便性の高さや返済し易さ、そして低金利による利息のお得感をメリットとすることがあります。確かに利便性の面では、必要な時に煩わしい審査を都度受けずの済むため、メリットと言えます。また、返済し易さは、都合に合わせて少額単位での追加返済が出来ること、毎月の最小返済額が設定されていること、そして口座振替による返済は返済負担の軽減・分散や返済忘れの防止という点でメリットがあります。

ですが、『金利が低いからお得』という点だけは漠然としており、そもそもの時点ではメリットとは言い切れないことがあります。確かに、複数社のカードローンと比較し、設定金利が低い場合は総返済額が少なく済むものの、利息という返済費用の発生は無くなるということではありません。むしろ、金利が低いからといって返済をダラダラ継続すると、結果として総返済額の増加を招き、無駄が生じてしまいます。そのため、金利が低いというメリットの捉え方を誤らないように注意が必要です。そもそも、金利は年単位での割合であり、2年や3年、5年などの返済になるほどそれぞれの時点で発生する利息は大きくことなります。先ずは、金利が低いからお得では無く、実際にどれだけの利息が上乗せされた返済額になるか予め確認することがポイントです。

専業主婦でもすぐにお金を借りられる便利なサービス

定職に就いていない専業主婦でも短期間でスピーディーにお金を借りる方法があります。それは楽天銀行のローンを活用することです。働いていない専業主婦の人が銀行でローンを組むことできないと思いこんでしまことはありがちです。しかし、楽天銀行を利用すれば専業主婦でも楽に審査に受かることができます。

どんなに便利なサービスでも手続きが煩雑だと使いたい気持ちが湧かないものですが、楽天銀行のローンの手続きは初心者にとって非常に分かりやすいので利用しやすいです。パソコンだけでなくスマホでも申請できるので外出中にお金を借りたくなった時でも安心です。また、楽天銀行のローンは年会費だけでなく入会金もかからないのはよいところです。めったにカードローンを利用しない人は維持費がかからない楽天銀行のローンを利用した方がお得です。

簡単にお金を借りれる楽天銀行のカードローンの利用方法を知っていれば、冠婚葬祭など突然まとまったお金が必要になったときでも心配ないです。楽天のカードローンは全国のコンビニでいつでも使えるので旅行先でお金が足りなくなった時に非常に役立ちます。手続きが簡単で審査も厳しくないので楽天銀行のカードローンをおすすめできます。

銀行カードローンはより厳格になりました

マイナス金利時代、銀行の経営は、とても厳しくなっています。今までのように預金から安易に利益を生むことが出来なくなったからです。そこで目をつけたのが、銀行カードローンとアパート融資でした。共に、マスコミから注目を集め、金融庁も煙たい顔をするようになりました。そもそも消費者金融と同じキャッシング事業でありながら、融資額が年収の2分の1というのは、審査が甘すぎると言われて当然です。大手銀行は、マスコミや国民の批判から矛先を交わすため、自主規制を発表しました。

まるでソーシャルゲームのガチャ規制のようです。結果、金融庁からの指導や規制は、実施されませんでした。消費者金融と違って、大手銀行のカードローンと聞くと、妙に安心します。その理由は、東証一部に上場しているメガバンクが、返済できないような人に融資するはずがないという安心感を与えるからでしょう。また、同様に、裏社会との繋がりもないだろうと思っているからでもあります。つまり、融資される側にとっては、自分に返済能力があるから、そこまで貸してくれるんだという変なポジティブ感を与えてくれます。

就職も同様ですが、大手、中小、零細という順番に希望するのが普通ですからね。一時期は、ノンバンクや消費者金融より、メガバンクのカードローンの方が融資額が大きいという時代もありました。現在は、そういうおかしな状況も解消され、銀行カードローンは、最も安全なキャッシングです。

プロミスは女性が安心してキャッシングできるサービス

初めてのキャッシングというのはとても不安ではないでしょうか。お金を借りれるのかどうかもそうですが、返済が滞るようなことがあったらどうしようか、あるいは取り立て屋がやってこないだろうか、特に女性の場合にはそんな不安、そしてお金に困っているということが個人情報として流出してしまうことへの懸念や、誰かに見つかったら、という気まずさなどもあるかもしれません。そんな不安は実は大手の消費者金融を利用すれば無用であり、安心して女性が申し込みも、そしてその融資も誰にも見つからずに行うことができます。

特にその大手としてプロミスはレディースキャッシングサービスがあり、女性スタッフが対応してくれるので、安心して相談することができます。そして家族や職場の人たちに気づかれることなく、その融資の審査を受けて借り入れができるようになりますので、こんなにも簡単にすべての手続きが済んでびっくりするくらいかもしれません。そして即日融資も可能だし、初回限定では30日間の無利息融資まで利用することが可能ですので、少額であれば損をすることなくピンチな状況を乗り切ることができるでしょう。返済計画はしっかりすべきですが、お金に困ったときには賢く利用していきたいものです。

かしこく利用!おまとめローン

多重債務者の多額な返済を助ける救済処置としておまとめローンが誕生しました。

この方法を使えば消費者金融をはじめとし銀行やクレジットカードのキャッシングすべて一本にまとめることができます。

少額の借り入れは金利が高くなってしまいがち、複数の少額借り入れを行っているとすべての返済額の合計がかなりの額になってしまいます。しかしそれらのキャッシングを1つにまとめてしまえば適用金利が引きさがる場合が多く返済が楽になります。

もうひとつのメリットは返済期日の管理です。毎月複数あった返済期日も1日にまとめることができるのですから精神的なストレスも軽減されますよね。

まとめて借り換えるなんて収入が低くてできないと思っている人も多いのではないでしょうか?

でもおまとめローンは総量規制の対象外。年収の三分の一を超える方でも利用できるケースも多いので安心できますね。

しかしこれからはおまとめローンの審査が厳しくなっていくことも予想されます。

近年銀行のおまとめローンを利用する債務者が増え自己破産に陥ってしまうケースが多発している中、銀行などは審査基準を引き上げる対策を講じ始めています。

そうなるともう少し審査の通りやすい消費者金融系のおまとめローンを検討する必要があるかもしれません。

いくら重い返済のストレスが軽減されたからといって返済するという意識まで薄れてしまってはいけません。ダラダラと返済期間を先延ばしすることによって総返済額が上がってしまっては本末転倒です。

さらにおまとめローンに借り換えることでまた借入の余地が目に入ってそれさえも追加借り入れしてしまうというケースもあるので注意しましょう。

いずれにしてもまとめたからといって返済が無くなったわけではないのです。環境が整ったことをいい機会にし、健全に返済を済ませる道を進むことが一番重要です。 

申込方法が便利な2つの銀行カードローン

消費者金融は自動契約機やネットで申し込みをする事が多いですが、銀行カードローンは申込方法がいろいろあるので選ぶのに困ってしまう事が多いです。それで申込方法が便利な銀行カードローンを挙げていく事にしましょう。

・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの申込方法の中に店舗内に設置されているテレビ窓口があります。テレビ窓口は消費者金融の自動契約機みたいなもので設置されている電話でオペレーターと会話しながら契約機を操作して申込手続きをする事が出来ます。それで審査が可決されて契約手続きが完了するとその場でキャッシングカードが発行されるので即日融資を受ける事も可能です。早くお金を借りたい時は三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックを利用するのがオススメです。

・楽天銀行スーパーローン

銀行カードローンは申し込みをする時に窓口に行く必要がある事も多いですが、楽天銀行スーパーローンはネット銀行のカードローンなので申込方法はWEB完結になります。スマホで楽天銀行のホームページにアクセスしてカードローンの申し込みをすればすべての手続きが出来てしまいます。来店不要でキャッシングをする事が出来るのですごく便利です。

携帯電話の支払いがキャッシングの審査に影響するって本当?

キャッシングの審査では、信用情報というものがとても大切になります。これは、その人のキャッシングやローンの利用記録で、過去にこれに載るような何かの返済でトラブルを起こしたことがあると、それが元で審査を通ることができないが場合があります。

この信用情報には、カードローンや目的別ローン、おまとめローンなどのキャッシング全般の利用記録の他に、住宅ローンや車のローンなどについても記録されており、クレジットカードや分割払いのローンについて、そして、利用している携帯電話の支払い状況まで記録されています。

この携帯電話の支払いについてはつい見落としがちなことも多いので注意が必要です。毎月の利用料金の支払いを何度か延滞したことで、その記録によってキャッシングの審査で落とされてしまう可能性もあるということです。

この携帯電話の支払いの延滞は、ついやってしまったことがある人も多いかも知れません。キャッシングの審査で落とされてしまった時に、今までに何もこれといったローンなどを使用したこともなく、年収も希望金額に対して問題なく3倍以上あるような場合、もしかしたらこの携帯電話の支払いの延滞が問題になった可能性があります。特に長期間延滞した記録があったり、毎月のように延滞をしているとかなり不利になると考えていいでしょう。

このように、キャッシングの返済やローンの支払いだけでなく、携帯電話の料金も延滞すると信用情報にその記録が残り、それがキャッシングの審査に影響してしまう可能性があることを覚えておいてください。

消費者金融が淘汰されているからこそ、ヤミ金融がまた来る理由

グレーゾーン金利や総量規制の適用によって、消費者金融はかなりの数がその姿を消していってしまいました。

また、銀行に関してもカードローンについて自主的な規制を始めるなど、借り入れ審査がさらに厳しくなっています。

消費者金融がかなりの数消滅したことや、色々な規制が入っていることによって本来借り入れをするにはなかなか属性的な面や

借り入れ状況的に厳しい人がお金を借入できづらくなってきています。

そういったときに、ヤミ金融が入り込んでくる余地があるというわけです。

ヤミ金融は本来ならお金を貸すことなんて難しい方に対してお金を貸してくるわけであります。

お金に困っている人は、何とかしてお金が欲しいわけでありますが、色々と厳しくなってきている状況でありますと

よりお金を借りいに行ってしまうという動機ができるわけです。

これに対して、本来は中小の消費者金融が何とか受け皿になっているところもありました。

ですが、会社がなくなっていっていることで受け皿自体もなくなってきているのです。

今後、ますますお金を普通に借りることができない人ほど、ヤミ金融が手をこまねいているのであります。

お金を借りることが難しい人ほど、ヤミ金融に注意しないといけません。

銀行系カードローンの自主規制に入っている

銀行系カードローンは金利がかなり安く、総量規制の適用がなかったり無業者でも借りれるといった

利用のしやすさもあって利用者がどんどん増えているわけであります。

ですが、近年ではちょっと自主規制に入っているとも言われています。

その理由としては、徐々に減っていたはずの自己破産者がまた増えてしまったことにあります。

2016年に自己破産者が久しぶりに増加したといわれているのではありますが、これが銀行系カードローンの利用で増えたのではといわれているのです。

確かに利用のしやすさや金利の安さによって、利用者が増えたわけではありますが、それによって利用する人も無理な借り入れを行いやすくなってしまったというわけです。

そういった事情もありますので、銀行としては自主規制の流れに受かっているとのことです。

具体的な例としては、融資限度額について銀行系カードローンであるにもかかわらず総量規制と同様の3分の1にする方向でy構成していることや、

審査基準,提出書類の基準の強化をすることで借り入れの規制を行ったり、テレビCMについてもCMの量を規制したり、内容を修正するなど

色々な方向で借り過ぎないように規制をしていくようです。