カードローンはどのようなタイプの貸付か

カードローンはお金を借りることができるサービスになりますが極度方式という形になっています。その都度の審査がされるわけではなく、限度額を決められた借りるということになります。つまりは、その限度額の範囲内であれば何度でも借りることができるようになります。返済をすれば残りの限度額は回復することになります。

こうした形で借りることができるのがカードローンになります。カード発行には手数料などがかからないのですし、維持費も不要です。その為、とりあえずいつでも借りることができるように事前に発行しておくこともよいでしょう。即日融資がアピールされているところでも即日発行には細かい条件がありますから、備えておくべきです。

無利息サービスの条件の違いについて

初めてキャッシングをする時に無利息サービスが適用されるのでサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。しかし業者によって無利息サービスの条件が異なるので注意が必要です。そこで無利息サービスの条件の違いについて見ていく事にしましょう。

無利息サービスはアコム、プロミス、レイクなどが提供しています。アコムとプロミスは無利息期間が30日間になっていますが、適用開始になる時期が異なります。アコムは契約日の翌日からの適用となりますが、プロミスは初めて借り入れをした日の翌日からの適用となります。またレイクは30日間無利息と180日間5万円分無利息の2つにプランがあります。このように業者によって無利息サービスの条件が違うので注意しましょう。

金利が低いからお得というのはメリットではない!

銀行や消費者金融のカードローンは、商品紹介やサイトにおいて利便性の高さや返済し易さ、そして低金利による利息のお得感をメリットとすることがあります。確かに利便性の面では、必要な時に煩わしい審査を都度受けずの済むため、メリットと言えます。また、返済し易さは、都合に合わせて少額単位での追加返済が出来ること、毎月の最小返済額が設定されていること、そして口座振替による返済は返済負担の軽減・分散や返済忘れの防止という点でメリットがあります。

ですが、『金利が低いからお得』という点だけは漠然としており、そもそもの時点ではメリットとは言い切れないことがあります。確かに、複数社のカードローンと比較し、設定金利が低い場合は総返済額が少なく済むものの、利息という返済費用の発生は無くなるということではありません。むしろ、金利が低いからといって返済をダラダラ継続すると、結果として総返済額の増加を招き、無駄が生じてしまいます。そのため、金利が低いというメリットの捉え方を誤らないように注意が必要です。そもそも、金利は年単位での割合であり、2年や3年、5年などの返済になるほどそれぞれの時点で発生する利息は大きくことなります。先ずは、金利が低いからお得では無く、実際にどれだけの利息が上乗せされた返済額になるか予め確認することがポイントです。