携帯電話の支払いがキャッシングの審査に影響するって本当?

キャッシングの審査では、信用情報というものがとても大切になります。これは、その人のキャッシングやローンの利用記録で、過去にこれに載るような何かの返済でトラブルを起こしたことがあると、それが元で審査を通ることができないが場合があります。

この信用情報には、カードローンや目的別ローン、おまとめローンなどのキャッシング全般の利用記録の他に、住宅ローンや車のローンなどについても記録されており、クレジットカードや分割払いのローンについて、そして、利用している携帯電話の支払い状況まで記録されています。

この携帯電話の支払いについてはつい見落としがちなことも多いので注意が必要です。毎月の利用料金の支払いを何度か延滞したことで、その記録によってキャッシングの審査で落とされてしまう可能性もあるということです。

この携帯電話の支払いの延滞は、ついやってしまったことがある人も多いかも知れません。キャッシングの審査で落とされてしまった時に、今までに何もこれといったローンなどを使用したこともなく、年収も希望金額に対して問題なく3倍以上あるような場合、もしかしたらこの携帯電話の支払いの延滞が問題になった可能性があります。特に長期間延滞した記録があったり、毎月のように延滞をしているとかなり不利になると考えていいでしょう。

このように、キャッシングの返済やローンの支払いだけでなく、携帯電話の料金も延滞すると信用情報にその記録が残り、それがキャッシングの審査に影響してしまう可能性があることを覚えておいてください。

消費者金融が淘汰されているからこそ、ヤミ金融がまた来る理由

グレーゾーン金利や総量規制の適用によって、消費者金融はかなりの数がその姿を消していってしまいました。

また、銀行に関してもカードローンについて自主的な規制を始めるなど、借り入れ審査がさらに厳しくなっています。

消費者金融がかなりの数消滅したことや、色々な規制が入っていることによって本来借り入れをするにはなかなか属性的な面や

借り入れ状況的に厳しい人がお金を借入できづらくなってきています。

そういったときに、ヤミ金融が入り込んでくる余地があるというわけです。

ヤミ金融は本来ならお金を貸すことなんて難しい方に対してお金を貸してくるわけであります。

お金に困っている人は、何とかしてお金が欲しいわけでありますが、色々と厳しくなってきている状況でありますと

よりお金を借りいに行ってしまうという動機ができるわけです。

これに対して、本来は中小の消費者金融が何とか受け皿になっているところもありました。

ですが、会社がなくなっていっていることで受け皿自体もなくなってきているのです。

今後、ますますお金を普通に借りることができない人ほど、ヤミ金融が手をこまねいているのであります。

お金を借りることが難しい人ほど、ヤミ金融に注意しないといけません。

銀行系カードローンの自主規制に入っている

銀行系カードローンは金利がかなり安く、総量規制の適用がなかったり無業者でも借りれるといった

利用のしやすさもあって利用者がどんどん増えているわけであります。

ですが、近年ではちょっと自主規制に入っているとも言われています。

その理由としては、徐々に減っていたはずの自己破産者がまた増えてしまったことにあります。

2016年に自己破産者が久しぶりに増加したといわれているのではありますが、これが銀行系カードローンの利用で増えたのではといわれているのです。

確かに利用のしやすさや金利の安さによって、利用者が増えたわけではありますが、それによって利用する人も無理な借り入れを行いやすくなってしまったというわけです。

そういった事情もありますので、銀行としては自主規制の流れに受かっているとのことです。

具体的な例としては、融資限度額について銀行系カードローンであるにもかかわらず総量規制と同様の3分の1にする方向でy構成していることや、

審査基準,提出書類の基準の強化をすることで借り入れの規制を行ったり、テレビCMについてもCMの量を規制したり、内容を修正するなど

色々な方向で借り過ぎないように規制をしていくようです。

キャッシングの利用限度額について

キャッシングを利用する場合にキャッシング業者のインターネットでの利用詳細を見ていると利用限度額の記載に大きな幅が書いてあります。しかし、キャッシングの利用申込者が高額の利用限度額を希望しても希望通りの利用限度額が設定されることはあまりありません。利用限度額はキャッシング業者の審査によって決まるからです。

消費者金融のキャッシングでは総量規制があるので、年収の三分の一までに利用限度額が制限されますが、初めから年収の三分の一まで利用限度額が設定されるとは限りません。キャッシングを利用して、しっかり返済していけば次第に利用限度額は増えていくことが多いですが、それでも年収の三分の一以上の利用限度額になることはありえません。

キャッシングを繰り返し利用したいなら

不足したお金を補填するために、キャッシングを何度も利用する人がいます。彼らに共通して言える内容は、借りる度に厳しい返済における金利や審査を課されることにあります。また生活費に充当させたい人もいて、これからのキャッシングにおける状況は多様性を見せていくこととなります。借りる側が明確な目標を立てることで、金融機関側に熱意が伝わるといった状況が生まれます。数万であれば誰もが簡単に借りられる時代でしたが、キャッシングにおいては金利の面が深く関与するため、慎重に手続きを行う必要があります。

繰り返し利用する状況となれば、返済への道筋をはっきりさせる内容が求められます。多額の借金を課してしまった場合は、正直に誰かに相談する環境が必要です。さらに支出より収入を増やす努力を早い段階で行えば、キャッシングを利用する機会が減るので、人生設計をまずはきちんと確立させる部分が最優先です。借金に関係した書類はいつの日にか役立つことがあるため、全て保管しておくことが大切になります。また他の金融機関でキャッシングを受けるときは、前のところでの対応力が事細かに聞かれるので、その都度完璧な受け答えができる準備をしておく状況が理想となってきます。

誰にもバレずにカードローンを利用するには?

カードローンの利用者は約1000万人と言われており、20~60歳人口の5,6人に1人の方が利用されています。これだけ利用者が増えているのに、借金であることには違いありません。ですからなるべく誰にもバレずにカードローンを利用したいものです。そこでカードローンを内緒で利用できる5つのポイントを紹介します。

まず第1に申し込み時の電話番号記入欄には、自分の携帯番号を記入しましょう。カードローンの申し込み時に、金融機関から本人確認の電話がかかってきます。自宅の電話番号を記入したら、家族が電話を取る可能性があります。第2に自動契約機のある金融機関で契約し、カードを自動契約機で受け取りましょう。通常カードは郵送で送られてきます。本人受け取り郵便で送られて来るのが一般的ですが、家族に不審に思われてしまいます。

第3に利用の際にはWEB明細を利用しましょう。一部の地方銀行カードローンでは明細書が送付されて来るので、契約前にWEB明細があるのか確認します。第4に延滞しそうな時は必ず金融機関に連絡しましょう。延滞するとまず本人の電話に催促の電話がありますが、無視すると自宅に督促状が届き家族にバレます。大事にならないように、まずは金融機関と返済について相談する必要があります。

最後に職場の方へバレない方法です。基本的に消費者金融では個人名で、銀行では銀行名で在籍確認の電話がかかってきます。本人が電話に出たいなら、申し込み時に時間帯を相談可能です。またどうしても電話がまずい方は、消費者金融なら相談に乗ってくれます。社員証や給与明細等で代替できる可能性があるのです。

違法な貸金業者=闇金という考えに注意!

キャッシングローンを検討する際、正規の貸金業者すなわち財務局や都道府県から貸金業の営業許可を得ているか確認するのは重要です。登録許可のないものは全て闇金になるものの、違法業者=闇金という考えは誤っているとも言えます。銀行や大手消費者金融などは、知名度も高く、コンプライアンス遵守を行っているため安心です。ですが、銀行や大手消費者金融で契約が出来ない場合、中小消費者金融を選択することになります。しかしながら、これらの中にはコンプライアンス遵守という考えがないケースもあり、違法スレスレもしくは違法になる営業や取り立てを行うことがあります。つまり、違法業者には悪質な正規貸金業者も含まれることになります。

例えば、銀行や大手消費者金融の場合、電話による勧誘やダイレクトメールを送ることはありません。しかしながら、中小消費者金融の中にはしつこい勧誘電話やダイレクトメールを送ることがあり、対策が重要です。そのため、自宅の固定電話で申し込みするのは家族バレのリスクに繋がり、ダイレクトメールも同様です。特にダイレクトメールは、送付を希望しないことや受取拒否をする必要があり、不用意に開封しないのがポイントとなります。開封してしまった場合、受取拒否と記載し、郵便ポストに投函できなくなります。

もし、中小消費者金融を利用する場合は、インターネット上の口コミで勧誘行為に注意するのがおすすめです。

キャッシングの審査では返済能力が問われます

消費者金融のCMや広告をよく見かけます。銀行と比較して消費者金融は融資が受けやすい金融機関として多くの方に認知されているようです。銀行のカードローン審査には落ちたのに消費者金融のキャッシング審査には通ったという話もよく耳にします。これだけを聞くと、銀行より消費者金融からの方が簡単にお金を借りられると思われてしまうかも知れませんが、実際はそのようなことはありません。確かに、銀行のカードローン審査に落ちた一方で消費者金融のキャッシング審査に通ったという方はいらっしゃるでしょう。これは銀行と消費者金融の審査内容が違うだけで、消費者金融の審査が甘いということを意味はしていません。

消費者金融のキャッシングに申し込みをして審査に落ちてしまう方もいるのです。キャッシングの審査では申込者の返済能力がとても大きな意味を持つと言われています。安定した収入があることは望ましいのですが、安定した収入があるからと言って審査に通るとは限らないのも事実です。例えば、他に借金のある方などは収入が安定していたとしても、返済能力に疑問があるとして審査に通らないこともあります。消費者金融のキャッシングはアルバイトやパートタイムで働いている方も申し込みができますが、だからと言って審査が簡単ということではないのです。消費者金融に申し込む際には自分の返済能力について考えておくと良いでしょう。

消費者金融のキャッシングローンは審査が甘いというのは間違え!

銀行カードローンに比べ、消費者金融のキャッシングローンは審査が通りやすいというイメージがあります。
インターネット上でも、審査が甘いといった情報が多々あります。

確かに上限金利でみれば、18%や20%と融資リスクを考慮しているため、銀行カードローンに比べて審査難易度は低くなります。
ですが、新規申し込みでは審査が通りやすくなるものの、実際には銀行カードローンよりもチェックが厳しくなります。

貸金業法では、3ヶ月に一度、与信状況を確認することが義務付けられており、利用限度額の減額や利用停止になる可能性があります。
結果的に契約は簡単と思いがちですが、利用継続の審査という点では実施頻度が高くなり、審査自体が甘いということにはなりません。

キャッシングの審査の在籍確認はなくせる?

在籍確認は自己申告した勤め先で本当に働いているのかを確認するために行われます。
確認方法としては、ほとんどのキャッシング会社では、審査担当者が実際に会社に電話をかけて行います。
しっかりとした会社が運営しているキャッシングでは、この在籍確認をなくしてしまうことはまず不可能です。

キャッシングはインターネットからも気軽に申込みできるようになっていますが、勤務先の会社は自己申告ですので、うその情報を申告しようと思えばできてしまいます。
しっかりした在籍確認を行わずに審査をすると、本当は無職の人にお金を貸してしまうということが防げませんので、在籍確認はどうしても必要になるのです。
事情があって電話で在籍確認をとるのが難しいという事情があるときは、キャッシングの会社のフリーダイヤルにそのことを相談してみるという方法もあります。

在籍確認をなくすことはできませんが、キャッシングに申し込みする人の状況は人それぞれですので、フリーダイヤルの担当者が手続方法の相談に乗ってくれるはずです。
在籍確認をまったく行わない、または審査をしないキャッシングはしっかりした会社ではない危険な業者の可能性もありますので十分に注意しましょう。