銀行カードローンはより厳格になりました

マイナス金利時代、銀行の経営は、とても厳しくなっています。今までのように預金から安易に利益を生むことが出来なくなったからです。そこで目をつけたのが、銀行カードローンとアパート融資でした。共に、マスコミから注目を集め、金融庁も煙たい顔をするようになりました。そもそも消費者金融と同じキャッシング事業でありながら、融資額が年収の2分の1というのは、審査が甘すぎると言われて当然です。大手銀行は、マスコミや国民の批判から矛先を交わすため、自主規制を発表しました。

まるでソーシャルゲームのガチャ規制のようです。結果、金融庁からの指導や規制は、実施されませんでした。消費者金融と違って、大手銀行のカードローンと聞くと、妙に安心します。その理由は、東証一部に上場しているメガバンクが、返済できないような人に融資するはずがないという安心感を与えるからでしょう。また、同様に、裏社会との繋がりもないだろうと思っているからでもあります。つまり、融資される側にとっては、自分に返済能力があるから、そこまで貸してくれるんだという変なポジティブ感を与えてくれます。

就職も同様ですが、大手、中小、零細という順番に希望するのが普通ですからね。一時期は、ノンバンクや消費者金融より、メガバンクのカードローンの方が融資額が大きいという時代もありました。現在は、そういうおかしな状況も解消され、銀行カードローンは、最も安全なキャッシングです。