返済は滞りなく行っているのに新規利用停止となる理由は?

銀行や消費者金融のカードローンは、利用限度枠内であれば都度審査を受けることがなく自由に利用できます。返済を滞りなく行っていれば、新規借り入れが停止となることはないと考えることは良くあります。しかしながら、カードローンについては返済遅延が無くとも利用停止になることがあります。カードローンの契約においては、与信判断も行われており、今ではシステムで自動管理も可能です。

例え、返済に問題が無くとも借り入れが著しく増える、返済リスクが高まったと判断された場合、新規利用が停止されてしまいます。特に毎月の返済は最低返済額、一度も完済せずに借り入れと返済を繰り返していると多重債務リスクがある、返済に充てられる収入が借り入れに見合わないということになり、過剰な借り入れを防止するために利用停止になり得ます。先ずは、キャッシングを過度に利用せず、必要なときに必要な分、そして返済計画を立てることが利用停止を回避する上で重要です。