携帯電話の支払いがキャッシングの審査に影響するって本当?

キャッシングの審査では、信用情報というものがとても大切になります。これは、その人のキャッシングやローンの利用記録で、過去にこれに載るような何かの返済でトラブルを起こしたことがあると、それが元で審査を通ることができないが場合があります。

この信用情報には、カードローンや目的別ローン、おまとめローンなどのキャッシング全般の利用記録の他に、住宅ローンや車のローンなどについても記録されており、クレジットカードや分割払いのローンについて、そして、利用している携帯電話の支払い状況まで記録されています。

この携帯電話の支払いについてはつい見落としがちなことも多いので注意が必要です。毎月の利用料金の支払いを何度か延滞したことで、その記録によってキャッシングの審査で落とされてしまう可能性もあるということです。

この携帯電話の支払いの延滞は、ついやってしまったことがある人も多いかも知れません。キャッシングの審査で落とされてしまった時に、今までに何もこれといったローンなどを使用したこともなく、年収も希望金額に対して問題なく3倍以上あるような場合、もしかしたらこの携帯電話の支払いの延滞が問題になった可能性があります。特に長期間延滞した記録があったり、毎月のように延滞をしているとかなり不利になると考えていいでしょう。

このように、キャッシングの返済やローンの支払いだけでなく、携帯電話の料金も延滞すると信用情報にその記録が残り、それがキャッシングの審査に影響してしまう可能性があることを覚えておいてください。