誰にもバレずにカードローンを利用するには?

カードローンの利用者は約1000万人と言われており、20~60歳人口の5,6人に1人の方が利用されています。これだけ利用者が増えているのに、借金であることには違いありません。ですからなるべく誰にもバレずにカードローンを利用したいものです。そこでカードローンを内緒で利用できる5つのポイントを紹介します。

まず第1に申し込み時の電話番号記入欄には、自分の携帯番号を記入しましょう。カードローンの申し込み時に、金融機関から本人確認の電話がかかってきます。自宅の電話番号を記入したら、家族が電話を取る可能性があります。第2に自動契約機のある金融機関で契約し、カードを自動契約機で受け取りましょう。通常カードは郵送で送られてきます。本人受け取り郵便で送られて来るのが一般的ですが、家族に不審に思われてしまいます。

第3に利用の際にはWEB明細を利用しましょう。一部の地方銀行カードローンでは明細書が送付されて来るので、契約前にWEB明細があるのか確認します。第4に延滞しそうな時は必ず金融機関に連絡しましょう。延滞するとまず本人の電話に催促の電話がありますが、無視すると自宅に督促状が届き家族にバレます。大事にならないように、まずは金融機関と返済について相談する必要があります。

最後に職場の方へバレない方法です。基本的に消費者金融では個人名で、銀行では銀行名で在籍確認の電話がかかってきます。本人が電話に出たいなら、申し込み時に時間帯を相談可能です。またどうしても電話がまずい方は、消費者金融なら相談に乗ってくれます。社員証や給与明細等で代替できる可能性があるのです。

最近はカードローンをよく利用しています

以前銀行からすすめられたカードローンのカードは作っていました。しかし利息もかかりますし、正社員で共働きでしたのでそんなに急にお金に困ることもなく全然使っていませんでした。ところが私が病気になり収入が激減すると家計が大変苦しくなってきました。ちょうど、子供たちも高校生になり部活動の遠征費など出費が多くなった時期もあり初めてカードローンを使ってみたのです。

最初はドキドキしましたが、通帳にマイナスがあるだけであまり気にならないようになりました。でも利息は確実にかかりますので少しずつですが入金し返済はしていました。しかし、学年が上がるたびに遠征の回数も増えていきました。金曜日の夕方に急に試合が入ったりして緊急にお金がいるときはカードローンが本当に便利ですね。

最高50万円まで借りれる限度額に設定していますのでこれを超えないように管理しています。返済は主人のボーナスで返済します。利息はかかりますが我が家には必要なカードローンなんです。