金利が低いからお得というのはメリットではない!

銀行や消費者金融のカードローンは、商品紹介やサイトにおいて利便性の高さや返済し易さ、そして低金利による利息のお得感をメリットとすることがあります。確かに利便性の面では、必要な時に煩わしい審査を都度受けずの済むため、メリットと言えます。また、返済し易さは、都合に合わせて少額単位での追加返済が出来ること、毎月の最小返済額が設定されていること、そして口座振替による返済は返済負担の軽減・分散や返済忘れの防止という点でメリットがあります。

ですが、『金利が低いからお得』という点だけは漠然としており、そもそもの時点ではメリットとは言い切れないことがあります。確かに、複数社のカードローンと比較し、設定金利が低い場合は総返済額が少なく済むものの、利息という返済費用の発生は無くなるということではありません。むしろ、金利が低いからといって返済をダラダラ継続すると、結果として総返済額の増加を招き、無駄が生じてしまいます。そのため、金利が低いというメリットの捉え方を誤らないように注意が必要です。そもそも、金利は年単位での割合であり、2年や3年、5年などの返済になるほどそれぞれの時点で発生する利息は大きくことなります。先ずは、金利が低いからお得では無く、実際にどれだけの利息が上乗せされた返済額になるか予め確認することがポイントです。

おまとめローンのメリットや活用法

借金の負担を軽減するための方法として、おまとめローンを活用すると、複数の業者からの債務も一社へとひとまとめにすることが可能になり、返済スケジュールの管理も行いやすくなります。

複数業者から債務を少額ずつ抱えている場合ならば、借金の金利や返済の期日がそれぞれ業者別に異なってしまうケースも多く、返済の管理もとても大変です。

しかし、おまとめローンなら一社から大口で融資することが可能になるので、自ずと金利を軽減することが叶えやすくなります。

おまとめローンを組む際には金利に注目し、現状借り入れている業者よりも低金利な業者で融資をすることが大事です。

利息を減らすことが出来れば、債務整理に頼らなくても現状より毎月の返済ペースを落とす事が出来て生活にゆとりを生み出すことが叶えられたり、借金の総返済費用を減らせる可能性も高まります。

月に一度のみの返済で済むようになるので、何度も返済の期日に迫られてしまうこともなくなり、借金自体の心理的ストレスも抑えることが出来ます。

複数業者と付き合いがある状態と比べ、一社からの借入であれば精神的にも負担が少ないですし、金利も一定となり、借金の残額も一目で分かるようになるので返済プランも練りやすくなり、完済へのプランや計画も立てやすくなります。

おまとめローンは利息を減らしたい人や、借金の返済管理を楽にしたい人に非常に効果的な存在です。