キャッシングの利息には上限がある

キャッシングを利用していると、会社によって金利が結構違うことに気付くかと思います。この金利は勝手に好きなように設定して良いものではないのです。その上限を定める法律が存在しています。

例えば利息制限法がそれです。それによると、現在は最大20%までしか利息をとってはいけないのです。したがって、それ以上をとっている会社は違法ということになりますが、中にはそういう会社も存在している可能性があります。大手の有名な会社はそういう心配はないと思いますが、大手の会社の審査に落ちたりすると、あまり知らない会社にも手を出していかないといけないこともありますから、そういうときに注意してほしいのです。

法律を知っていれば、20%以上の金利を設定しているところは、まずい会社だと分かると思うのですが、そういった知識がないと、20%を越えるような金利を設定していても、ちょっと高くないか?と思う程度で、まさか違法な金利を課しているとは思えないでしょうから、危ない会社を事前に見分けるチャンスを逃してしまっているということになります。

本来とられてはいけない利息をとられないために、危険な会社を見分けるために、金利に関する法律は知っておくと良いでしょう。

低金利キャッシングの審査は厳しい?!
http://www.nancysolidaritejapon.com/jizen.html