返済は滞りなく行っているのに新規利用停止となる理由は?

銀行や消費者金融のカードローンは、利用限度枠内であれば都度審査を受けることがなく自由に利用できます。返済を滞りなく行っていれば、新規借り入れが停止となることはないと考えることは良くあります。しかしながら、カードローンについては返済遅延が無くとも利用停止になることがあります。カードローンの契約においては、与信判断も行われており、今ではシステムで自動管理も可能です。

例え、返済に問題が無くとも借り入れが著しく増える、返済リスクが高まったと判断された場合、新規利用が停止されてしまいます。特に毎月の返済は最低返済額、一度も完済せずに借り入れと返済を繰り返していると多重債務リスクがある、返済に充てられる収入が借り入れに見合わないということになり、過剰な借り入れを防止するために利用停止になり得ます。先ずは、キャッシングを過度に利用せず、必要なときに必要な分、そして返済計画を立てることが利用停止を回避する上で重要です。

キャッシングは早めの返済で利息の負担を軽減させよう

消費者金融のキャッシングは無担保、保証人なしでお金を借りられる融資サービスです。そのため、消費者にとっては手続きも簡単ですぐにお金を借りられる便利なサービスとして大勢の利用者がいるのですが、無担保や保証人なしの融資サービスであることから貸付金利は高めに設定されています。

つまり、消費者金融のキャッシングでお金を借りた場合、すぐに現金を手にできるというメリットはありますが決して安くはない利息を支払わなくてはならないというデメリットな面もあるのです。ただし、この金利の高さについてはキャッシングの返済を早めに終わらせるということを心掛けることで負担を軽くすることも可能です。キャッシングの利息は日割りで計算されるので、早めに返済を済ませてしまえばその分だけ発生する利息を減らすことができるからです。

かしこく利用!おまとめローン

多重債務者の多額な返済を助ける救済処置としておまとめローンが誕生しました。

この方法を使えば消費者金融をはじめとし銀行やクレジットカードのキャッシングすべて一本にまとめることができます。

少額の借り入れは金利が高くなってしまいがち、複数の少額借り入れを行っているとすべての返済額の合計がかなりの額になってしまいます。しかしそれらのキャッシングを1つにまとめてしまえば適用金利が引きさがる場合が多く返済が楽になります。

もうひとつのメリットは返済期日の管理です。毎月複数あった返済期日も1日にまとめることができるのですから精神的なストレスも軽減されますよね。

まとめて借り換えるなんて収入が低くてできないと思っている人も多いのではないでしょうか?

でもおまとめローンは総量規制の対象外。年収の三分の一を超える方でも利用できるケースも多いので安心できますね。

しかしこれからはおまとめローンの審査が厳しくなっていくことも予想されます。

近年銀行のおまとめローンを利用する債務者が増え自己破産に陥ってしまうケースが多発している中、銀行などは審査基準を引き上げる対策を講じ始めています。

そうなるともう少し審査の通りやすい消費者金融系のおまとめローンを検討する必要があるかもしれません。

いくら重い返済のストレスが軽減されたからといって返済するという意識まで薄れてしまってはいけません。ダラダラと返済期間を先延ばしすることによって総返済額が上がってしまっては本末転倒です。

さらにおまとめローンに借り換えることでまた借入の余地が目に入ってそれさえも追加借り入れしてしまうというケースもあるので注意しましょう。

いずれにしてもまとめたからといって返済が無くなったわけではないのです。環境が整ったことをいい機会にし、健全に返済を済ませる道を進むことが一番重要です。