金利がどのぐらいで設定されているカードローンを利用すればいい?

カードローンを利用してお金を借りると金利が発生するので申し込みをする前にどのぐらいの設定になっているのかしっかり確認する必要があります。しかしどのぐらいで設定されているカードローンを利用すればいいのか分からない人も少なくないでしょう。そこで金利がどのぐらいで設定されているカードローンを利用すればいいのか見ていく事にしましょう。

カードローンのサービスは銀行と消費者金融が提供していますが、金利の設定も異なってくるので注意が必要です。銀行は最高金利が15%以下で設定されている事が多いので基本的には14.5%前後で設定されている銀行がおすすめです。また消費者金融は18%から20%で設定されている事が多いので18%で設定されている消費者金融がおすすめです。業者を選ぶ時に参考にしてみるといいでしょう。

金利が低いからお得というのはメリットではない!

銀行や消費者金融のカードローンは、商品紹介やサイトにおいて利便性の高さや返済し易さ、そして低金利による利息のお得感をメリットとすることがあります。確かに利便性の面では、必要な時に煩わしい審査を都度受けずの済むため、メリットと言えます。また、返済し易さは、都合に合わせて少額単位での追加返済が出来ること、毎月の最小返済額が設定されていること、そして口座振替による返済は返済負担の軽減・分散や返済忘れの防止という点でメリットがあります。

ですが、『金利が低いからお得』という点だけは漠然としており、そもそもの時点ではメリットとは言い切れないことがあります。確かに、複数社のカードローンと比較し、設定金利が低い場合は総返済額が少なく済むものの、利息という返済費用の発生は無くなるということではありません。むしろ、金利が低いからといって返済をダラダラ継続すると、結果として総返済額の増加を招き、無駄が生じてしまいます。そのため、金利が低いというメリットの捉え方を誤らないように注意が必要です。そもそも、金利は年単位での割合であり、2年や3年、5年などの返済になるほどそれぞれの時点で発生する利息は大きくことなります。先ずは、金利が低いからお得では無く、実際にどれだけの利息が上乗せされた返済額になるか予め確認することがポイントです。