銀行系カードローンの自主規制に入っている

銀行系カードローンは金利がかなり安く、総量規制の適用がなかったり無業者でも借りれるといった

利用のしやすさもあって利用者がどんどん増えているわけであります。

ですが、近年ではちょっと自主規制に入っているとも言われています。

その理由としては、徐々に減っていたはずの自己破産者がまた増えてしまったことにあります。

2016年に自己破産者が久しぶりに増加したといわれているのではありますが、これが銀行系カードローンの利用で増えたのではといわれているのです。

確かに利用のしやすさや金利の安さによって、利用者が増えたわけではありますが、それによって利用する人も無理な借り入れを行いやすくなってしまったというわけです。

そういった事情もありますので、銀行としては自主規制の流れに受かっているとのことです。

具体的な例としては、融資限度額について銀行系カードローンであるにもかかわらず総量規制と同様の3分の1にする方向でy構成していることや、

審査基準,提出書類の基準の強化をすることで借り入れの規制を行ったり、テレビCMについてもCMの量を規制したり、内容を修正するなど

色々な方向で借り過ぎないように規制をしていくようです。